育成プログラム

育成プログラム紹介

OSAKA FOOD LAB専属のアドバイザーが、飲食店出店に必要な基礎知識、コンセプト作り、メニュー開発、事業計画立案、資金調達の方法、物件取得方法、食材調達の仕方など食ビジネスのノウハウを伝授します。全者共通プログラムを提供するスクールとは異なり、チャレンジャーの個性やレベルに合わせたカスタマイズプログラムを提供しています。

OSAKA FOOD LAB専属アドバイザー

育成プログラムの特徴

プログラムは経験値別に大きく3種類。講義と実地で構成しています。

入居時の「基本レクチャー」は受講必須。飲食店を開業するにあたって必要となる最低限の知識や必要資格についてお話します。「基本レクチャー」以外は、予算・希望に応じた内容でプログラムを構成します。「試作」では、アドバイザーが立ち合い、アドバイスの提供やオペレーションの確認を行うことも可能です。「実地」は、スペース内で展開するランチ営業への出店やイベントへの出店を意味します。

  • ビギナー
  • 講義
  • 試作
  • 実地
  • ミディアム
  •  
  • 試作
  • 実地
  • アドバンス
  •  
  •  
  • 実地

※ランチ営業・イベントへの出店など

入居までの流れ

  1. OSAKA FOOD LAB 見学・面談
  2. 入居期間・条件などの調整
  3. 入居決定
  4. 登録料入金
  5. 育成プログラム・初回基本レクチャー受講
  6. 入居・育成プログラム開始

チャレンジマーケット

アドバイザー紹介(五十音順)

  • 梅元 孝康

    梅元 孝康Takayasu Umemoto

    アクセス dining 株式会社 代表取締役

    1974生まれ、大阪出身。
    1998年北堀江muse大阪にオープニングスタッフとして入社。当時の実績を評価され2000年、有限会社グッドフェローズへ入社。「焼肉」「焼き鳥」「居酒屋」など数多くの店舗をOPENさせ、繁盛店へと導く。2006年に独立、「居酒屋 梅の湯」を開業し、2017年飲食店出店コンサル会社アクセス・スタートアップ株式会社の執行役員として活躍。
    “飲食業をもっと人気のある職業に”を理念に、持ち前のホスピタリティーを活かし、飲食業界はもとより、芸能界、政財界など業界内外のオピニオンリーダーとの交流も積極的に行い、従来の枠にとらわれない発想で、飲食業界を盛り上げる。

  • 川端 友二

    川端 友二Yuji Kawabata

    有限会社川端屋商店 代表取締役

    1971年生まれ、大阪出身。
    高卒後、地元とんかつ店へ就職。21才で大阪難波の「南海サウスタワーホテル(現・スイスホテル南海大阪)」の洋食調理部に入社。7年従事したのち、現、会社の主軸商品である豚ホルモンと焼酎の出会いとなる店で店長を3年務める。2003年 当時大阪では大変珍しい、豚ホルモンの串焼きと焼酎を主とした店「焼とんyaたゆたゆ」を開店(西成区天下茶屋)。歴史的焼酎ブームの追い風をうけ繁盛し、2007年「立呑み大阪焼トンセンター」を皮切りに、ディープ感たっぷり漂う古いピンク街のエリアにあえて4軒出店。 2011年頃から街を作る意識で同エリアを「ウラなんば」と名付け、認知を広げる活動を行う。
    “~豚で皆が幸せに~”をコンセプトに、現在直営8店舗、暖簾分け店4店舗、FC 2店舗を展開する。

  • 宮本 幹子

    宮本 幹子Mikiko Miyamoto

    世界トラベラー

    1971年生まれ、大阪出身。
    19歳で日本調理師専門学校入学、フランス校への短期留学も経て卒業。
    帰国後、神戸北野ホテルの「ビストロヴァンサンク」に就職し、オープニングスタッフとして働く。26歳で京橋にフランス料理「レストランブラン」を開業。その後、31歳で「うずら屋」開業。串に刺さない焼鳥と新鮮野菜をワインと一緒に楽しんでもらうスタイルで話題に。自然派ワインも早くから取り入れていた。京橋駅から徒歩10分強という決して恵まれたロケーションではなかったが、大阪はもとより全国から常連が多く通う大繁盛店として、飲食業界の伝説的存在となっている。42歳で店を閉めた以降は、世界中を旅しながら食べ歩く日々を送る。

  • 米山 雅彦

    米山 雅彦Masahiko Yoneyama

    「パンデュース」シェフ

    1971年生まれ。
    大学卒業後「カスカード」に入社、パンの世界に入る。3年半従事したのち、「コム・シノワ」に入社し、西川功晃氏に師事する。2001年よりコム・シノワのスーシェフとして頭角をあらわす。またこの頃、さらにパンの見聞を広めるため、ヨーロッパ各国を旅する。2004年、日常の食卓を支えるパンを作っていきたいという思いから、「PAINDUCE」のシェフに就任。
    2008年「アドパンデュース」を立ち上げる。
    2010年「しあわせをはこぶパン」を立ち上げる。
    2012年「デトゥットパンデュース大阪駅」を立ち上げる。
    2015年「デトゥットパンデュース新大阪駅」を立ち上げる。
    2014年静岡県の「マウンテンベーカリー」をプロデュースする。

チャレンジャー紹介(五十音順)

  • 中川拓也

    元プロレスラーから飲食業界に転身した異色の経歴の持ち主。怪我などで引退せざるを得ないプロレスラーに活躍できる場を創りたいとの想いから、料理人でなくても確実に外はカリっと中はジューシーに作れる独自の調理理法に挑戦中。

  • 山中崇浩

    ウラなんばの人気店「鉄板野郎」が新業態のハンバーグ専門店オープンを目指し、OSAKA FOOD LABに入居。新店長の山中さんが開業に向けて準備中。

卒業生紹介(五十音順)

  • 株式会社松前屋(第1期卒業生)

    創業106年の大阪の老舗昆布屋「松前屋」の企画室の女子チームが「昆布だけじゃなく、うまみの可能性を広めたい!」と始動した「うまみプロジェクト」。2018年に8月に第1期チャレンジャーとして、OSAKA FOOD LABに入居し、飲食の基礎知識やメニューの構築の仕方などを専属アドバイザーから学び、「スモーガスバーグ大阪」では飲食店として初めての出店も経験。
    2019年1月に卒業後、心斎橋本店を改装し、店頭でテイクアウトメニューの販売に向けて準備を進めている。
    http://www.matumaeya.jp/

  • 山中康二(第1期卒業生)

    大阪での飲食店勤務を経て、「食材のことから学びたい」と高知県へ移住。高知県でも有名な農家さんに師事し農業を学ぶ傍ら、冬場は酒造会社にて蔵人としても働き発酵について学ぶ。帰阪後、2018年8月OSAKA FOOD LABに第1期チャレンジャーとして入居し、独立に向け専属アドバイザーによる育成プログラムの受講やイベント出店などの実地経験を積む。
    2019年1月に卒業後、独立開業に向けて本格的に活動中。